ブリアン歯磨き粉はおすすめの虫歯予防!

ブリアン歯磨き粉を虫歯予防におすすめします!

ブリアン歯磨き粉は、世界初の虫歯予防成分【BLIS M18】を配合した商品です。

 

虫歯予防成分【BLIS M18】が、虫歯菌を追い出し、虫歯を防いでくれます。

 

ブリアン歯磨き粉で虫歯予防
*虫歯予防成分(清掃剤)*むし歯予防はブラッシング効果による

 

つまり、歯磨き(ブラッシング)を歯磨き粉ブリアンで行うことが、子供の虫歯予防におすすめなのです。

 

歯磨き粉ブリアンは、通販限定商品ですが、楽天市場やアマゾンなどでは売っていません。

 

一番お得に通販できるサイトが以下のサイトです。

 

≪≪≪↓↓↓ブリアン歯磨き粉のお得なweb購入窓口と詳細情報はコチラ!↓↓↓≫≫≫

 

 

   http://kodomohamigaki.com/

 

  ブリアン歯磨き粉

 

 

 

 

子供の虫歯で悩んでいる方に、ブリアンはとってもおすすめな歯磨き粉です!

歯磨き粉ブリアン

ブリアンは、どんなに気をつけてもすぐに虫歯ができてしまう人、親としての責任を感じて、悩んでいる人、仕上げ磨きもフッ素加工もしたけどやっぱり虫歯が出来てしまった人、虫歯に対する根本的対策を探している人、などにオススメできる歯磨き粉です。

 

また、子供自身が自ら歯磨きできるようにしたい人、子供にも歯磨きの楽しさや大切さを教えたい人にもオススメです。

 

子供は痛覚が十分に発達していないので、虫歯になっても痛みそのものを感じにくいのです。

 

片方の歯が痛くても、もう片方で噛めばいいやと思い、痛いことを無意識にしらんぷりする傾向にあります。

 

しかしその間に虫歯はどんどん進行してしまいます。

 

どうしようもなく痛くなった時は、すでに手遅れで、最悪、抜歯以外の方法しかなくなります。

 

そうしたことがないよう、親は日々の歯磨きを手伝うとともに、我が子の歯の状態を細かくチェックしてあげる必要があります。

 

歯磨き粉ブリアン
*虫歯予防成分(清掃剤)*むし歯予防はブラッシング効果による

 

ブリアンには、日本で初めて虫歯除去成分のBLIS M18が配合されています。

 

ブリアンでブラッシングするだけで、口内環境に住みついた虫歯菌を追い出して、虫歯になるのを予防します。

 

虫歯菌のエサとなる歯垢も同時に除去できるのがブリアンなのです。

 

≪≪≪↓↓↓ブリアン歯磨き粉のお得なweb購入窓口と詳細情報はコチラ!↓↓↓≫≫≫

 

 

   http://kodomohamigaki.com/

 

  ブリアン歯磨き粉

 

 

 

 


ブリアンをお得に購入するなら?返金保証もあり!

歯磨き粉ブリアン

 

ブリアンは今ならお得に購入できます。

 

ブリアンは、楽天やアマゾンでは販売されていないので、公式サイトから購入をおすすめしています。

 

なぜならブリアンは、公式サイトの定期コースで購入するのが一番お得で、返金保証が付いているからです。

 

公式サイトでは、今なら、ブリアンを初回は、約半額半額程度でお得に購入できるキャンペーンをやっています。

 

通常購入の場合、ブリアンは8,424円に648円の送料がかかるので、合計9,072円(税込み)になります。

 

代引きの場合、さらに324円の代引き手数料がかかります。

 

公式サイトの定期コースだと、ブリアンを4,332円(税込み)で買うことができ、しかも送料代引き手数料無料です。

 

これは初回限定の値段になりますが、2回目以降も通常購入よりかなりお得になっています。

 

2回目からは30%オフの4980円でゲットできます。しかも60日間の返金保証付きです。

ブリアンを使用して効果が感じられなかった場合でも安心です。

 

60日間の返金保証は、商品到着から60日以内の連絡で、返金が確実に保証されています。

 

ブリアンをお得に購入できる定期コースは人数制限があるので急ぎましょう。

 

≪≪≪↓↓↓ブリアン歯磨き粉のお得なweb購入窓口と詳細情報はコチラ!↓↓↓≫≫≫

 

 

   http://kodomohamigaki.com/

 

  ブリアン歯磨き粉

 

 

 

 


ブリアンを使った歯磨きのやり方について

歯磨き粉ブリアン

 

ブリアンの使い方はいたって簡単です。

 

歯磨き粉ブリアンは粉末状になっています。

 

最初は戸惑うかもしれませんが、使うと結構便利です。

 

また、1袋1日なので、わかりやすく衛生的です。

 

 

 

 

歯磨き粉ブリアン

そして、水で歯ブラシをぬらし、ブリアンをつけます。

 

約3分間歯ブラシをします。

 

ブラッシングの後、水で口をゆすがなくても大丈夫です。

 

唾液を吐き出すだけでもかまいません。

 

ここは、特に小さいお子さんの歯ブラシをしている方にはうれしいですね。

 

 

歯磨き粉ブリアン

 

ブリアンは今なら、購入特典として60日返金保証も付いていますので、続けてみたけど気に入らなかったというのであれば、返金できるので問題ありません。

 

価格についても、定期コースも用意されていますので、割引価格で購入可能です。

 

虫歯になってしまったときの治療費を考えると、長い目で見た場合実際にはそれほど高い買い物ではないかもしれません。

 

≪≪≪↓↓↓ブリアン歯磨き粉のお得なweb購入窓口と詳細情報はコチラ!↓↓↓≫≫≫

 

 

   http://kodomohamigaki.com/

 

  ブリアン歯磨き粉

 

 

 

 


子供にはフッ素入りの歯磨き粉は心配なのですが、、、

子供にはフッ素入りの歯磨き粉は心配

今も昔も、歯磨きと言えばフッ素入りの歯磨き粉を使っている人が多いでしょう。

 

この成分は、歯についた歯垢の中に存在する雑菌の活動を抑えつつ溶けてしまった歯表面のエナメル質を修復させたり、歯そのものを強くするなど様々なメリットを与えてくれるものです。

 

虫歯を予防するために高い効果があるとされており、現在でも数多くの市販歯磨き粉にこの成分が配合されています。

 

この一見メリットだらけのようなフッ素ですが、実は使用することで身体に悪影響を及ぼす可能性があると言われているのです。

 

例えば、年齢の若い子どもがフッ素を摂取した場合発がん性のリスクが高まるという話や、胃の中に入ると毒性の強いフッ化水素酸に変換されてしまい、これが子どもの場合は30%から40%もの割合で骨に蓄積されてしまうため骨肉腫など骨の異常が発生しやすいとされています。

 

また、欧米の地域ではこの成分を水道水に混ぜて殺菌剤として使用しているのですが、その地域では注意欠如多動性障害を発症する子どもが多いとハーバード大学などの高名な研究機関が発表しています。

 

もちろん、全て明確で科学的医学的な根拠は解明されていませんが、このような可能性があるということが懸念されていることは事実です。

 

こんな話を聞いてしまうと、小さな子どもを育てているお母さんは心配になってしまいますよね。

 

歯磨き粉として使用した場合は、歯の形成不良などの異常が出るリスクがあるとして使用に反対している団体などもあります。

 

ただ、ここで注意したいのが歯磨き粉に含まれている成分の量です。

 

上記のようにがんや異常が現れるケースというのは、よほどの量を長い間継続して摂取し続ける必要があります。

 

しかし、小さな子どもが歯磨きで使う粉の量は、多くても歯ブラシの先に少しだけということがほとんどです。

 

歯磨き粉全体に含まれている成分の量はごく微量であり、例え1日に何回も大量に付けたりしても、身体に悪影響を与えるほどには遠く及びません。

 

小さな子はうまく吐き出せないため飲み込んでしまう事もありますが、それでも心配するほどの量を摂取しているわけではないので安心してください。

 

もちろん歯磨き粉ブリアンを使えばフッ素もないので安心なのですが、、、

 

成分の悪影響を心配するあまり歯磨き粉を使わないでいると、虫歯のリスクが格段に高くなってしまいます。

 

幼児期の子供にとって、虫歯になるとその後の歯や顎の形成に不具合が出てしまう可能性もあるため、歯科医の間では過剰に心配することなく歯磨粉を使用するように推奨されています。

 

 

歯磨き粉ブリアンはフッ素なし

子供にフッ素を使わせる場合は、きちんと吐き出したりうがいができるようになる3歳以上になってからが安心です。

 

 

この成分に限らず、化学物質はできるだけ飲み込むのは避けた方が良いので、1歳や2歳の小さな子は無理せずブラッシングだけで済ませても良いでしょう。

 

もしくは、配合されている濃度が一般の子供用歯みがき粉よりも非常に低いフッ化物配合ジェルやスプレータイプの商品を利用すると、心配もなくある程度の虫歯予防効果を得ることができます。

 

こういったタイプは夜眠る前に一度行っておけば良いので、小さくてあまり歯磨きをしたがらない子にもやりやすいでしょう。

 

また、十分にうがいができるようになった子どもでも、大人と同じ商品を使って歯磨きするのは避けておきましょう。

 

大人用はさらに成分濃度が高くなっており、子どもの小さな体には負担が大きくなる恐れもあります。

 

また、研磨剤なども入っているので、子どもの柔らかい歯を傷つけてしまう可能性もあるので注意しましょう。

 

もしどうしてもフッ素が含まれているものが心配だという場合には、含まれていないタイプの歯磨き粉も市販されているのでそちらを使ってみると良いでしょう。

 

ただ、そちらは虫歯予防効果が低い場合もあるので、1日に何回か歯磨きをするなど入念なケアが必要になります。

 

その点歯磨き粉ブリアンはフッ素なしで虫歯予防に期待できる歯磨き粉です。

 

ただ、ブラッシングによって個人差が出てしまいますので、ブラッシングはしっかりすることが重要です。